お知らせNEWS & TOPICS

「ツール・ド・フランス2019」にて「さいたまクリテリウム」のPRを実施!~世界的スポーツイベントで大会をプロモーション~

19/07/10レース

「J:COM presents 2019ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」(10月27日(日)、さいたま新都心駅周辺にて開催)を国内外に広く周知するため、7月6日(土)から開幕している「ツール・ド・フランス2019」にて「千羽鶴」の贈呈式への参加をはじめとした大会PR活動を実施しました。ベルギーでのPR活動の様子は、海外メディアやツール・ド・フランス本大会のSNSでも紹介され、国内外へのPRが実現しました。

「ツール・ド・フランス2019」にて「さいたまクリテリウム」のPRを実施

大会PR活動概要

日程:7月7日(日)~8日(月)
場所:第2ステージ フィニッシュ地点 ベルギー 「ブリュッセル・アトミウム」
   第3ステージ スタート地点 ベルギー 「バンシュ」

PR実施内容

第2ステージ フィニッシュ地点「ブリュッセル・アトミウム」(7月7日)
<プレスセンターへ訪問>
第2ステージ フィニッシュ地点付近にあるプレスセンターを訪問。世界各国から取材に訪れている取材陣に対し、英語で制作した大会のチラシや、オリジナルステッカーを渡して大会をプロモーションしました。和のコンセプトに基づく大会メインビジュアルは、今年も世界各国のメディアから好評を得ていました。

第3ステージ スタート地点「バンシュ」(7月8日)
<「千羽鶴」贈呈式の実施>
大会のPR企画として実施した「鶴 de France」(つる ど ふらんす)の「千羽鶴」を贈呈しました。ツール・ド・フランス本大会で千羽鶴を贈呈するのは今回で4年連続となり、A.S.O.大会ディレクターのクリスティアン・プリュドム氏へ手渡しました。その後、「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」に過去2回出場し、2018年大会も盛り上げてくれた、ヴィンチェンツォ・ニバリ選手や、過去4回出場しているシモン・ゲシェケ選手にも手に取っていただきました。千羽鶴に詰まったたくさんの想いに選手達も笑顔で応えてくれました。

■贈呈者:一般社団法人さいたまスポーツコミッション 訪問代表者
■受取人:A.S.O.  大会ディレクター クリスティアン・プリュドム氏

<「千羽鶴」贈呈式の様子>

<選手達との交流>

ヴィンチェンツォ・ニバリ選手
シモン・ゲシェケ選手

ルイ・コスタ選手
マッテオ・トレンティン選手

<一般社団法人さいたまスポーツコミッション 訪問代表者コメント>
「さいたま市内の子どもたちや自転車ファンの皆様の想いをのせた「千羽鶴」をツール・ド・フランス2019第3ステージのスタート地点「ベルギー・バンシュ」にて贈呈してまいりました。選手達も笑顔で皆様の想いを受け取ってくれました。選手達が無事ゴールにたどりつくことと、大会が成功することを心より願っています。」

<選手コメント>
■ヴィンチェンツォ・ニバリ選手
「さいたまクリテリウムはシーズンの終わりの素晴らしく華々しいイベントなので、今年も参加できたら 嬉しいです。」

■マッテオ・トレンティン選手
「ツール・ド・フランスよりこんにちは!さいたまクリテリウムの成功を祈っています。さいたまで会えたらいいね!」

<ツール・ド・フランスのSNSにて紹介>
ツール・ド・フランス2019でのPRの様子は、ツール・ド・フランス本大会のSNSでも紹介され、国外への広い告知が実現しました。

■ツール・ド・フランス公式Twitter(@LeTour)
フォロワー:3,034,737 ※フォロワー数は7月9日時点

次のお知らせ 一覧